参加要項

第2回 日本奏楽コンクール
The 2nd Nihon Sogaku Competition

要項印刷用 Guideline申込書印刷用 Application Form

部門及びカテゴリー

  幼児
未就学児
小学低学年
小学1~3年
小学高学年
小学4~6年
中学 高校 大学 一般A
年齢制限なし
一般B
35歳以上
ピアノ部門
ピアノ協奏曲部門 年齢不問(各年齢において審査される)
声楽部門      
弦楽器部門
管楽器部門  
アンサンブル部門 年齢不問(各年齢において審査される) 連弾、2台ピアノ、二重奏、室内楽
アマチュア部門 伴奏者を除き、18歳以上(上限なし)・音大等でその専攻を専門としていない者

※ ピアノ協奏曲部門は、ピアノ伴奏(各自用意)とし、2台ピアノ(横並び)審査とする
※ 弦楽器部門の対象は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ギターなど
※ 管楽器部門の対象は、ピッコロ、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォーン、トランペット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバなど
※ アマチュア部門の対象は、ピアノ、弦楽器、管楽器、声楽など
※ アンサンブル部門の二重奏や室内楽は、弦楽・管楽・打楽・声楽・ピアノ等による重奏など自由な編成でよい
※ 国籍、年齢は問わず、年齢制限がない場合は各年齢において審査される
※ 大学卒業者や大学院生は「一般」に含まれる(「一般A」は年齢制限なし、「一般B」は35歳以上)
※ 高校を今年卒業した浪人生は、「大学」または「一般A」を参加カテゴリーとする

 

申込期間と開催日程・会場

申込/予備審査(音源書類審査

予選を仙台・神戸会場で参加希望の方▸ 2019年1月7日(月)~7月4日(木)必着

予選を東京会場で参加希望の方▸ 2019年1月7日(月)~7月18日(木)必着

※予備審査免除制度あり(詳しくは申込方法の予備審査対象者を参照)

 

予選

  • 仙台 ▸8月10日(土)宮城県内会場
    全部門 
  • 神戸 ▸8月12日(月祝)兵庫県内会場
    全部門
  • 東京 ▸8月16日(金)東京都内会場
    声楽部門、弦楽器部門、管楽器部門、ピアノ協奏曲部門、アンサンブル部門、アマチュア部門
  • 東京 ▸8月17日(土)東京都内会場
    ピアノ部門、ピアノ協奏曲部門、アンサンブル部門、アマチュア部門

 

本選/表彰式

  • ▸8月24日(土)東京都内会場
    ピアノ部門、ピアノ協奏曲部門、アンサンブル部門(連弾・2台ピアノ) ※第1回準グランプリ受賞者演奏会
  • ▸8月31日(土)東京都内会場
    声楽部門、弦楽器部門、管楽器部門、アンサンブル部門(二重奏・室内楽)、アマチュア部門 ※第1回グランプリ受賞者演奏会


※ 予備審査の結果・通過者の予選受付時間等詳細は、仙台・神戸予選は7月下旬、東京予選は8月上旬に通知予定

6月3日(月)までに申込一式が到着した参加者には、各到着日から14日以内に合否のみを先んじて連絡する
※ 複数の会場・部門・カテゴリーに参加可能(それぞれの用紙を使用のこと)

※ 締切間際の申込は予備審査や事務手続きの遅れにつながるため、早めの申込をお願い致します

※ ピアノ協奏曲部門・アンサンブル部門・アマチュア部門の東京予選のみ8月16日(金)・17日(土)から選択可能
※ 参加者の氏名は公表せず、本選最終結果での入賞者氏名を公表し、予選時には審査委員による講評用紙が当日渡される
※ ピアノの足台・補助ペダルが必要な場合、本人または関係者が素早く設置(各自持参または東京会場のみ貸出…ヤマハHP700)

 

参加曲目

任意の一曲または複数曲の自由曲 (予備審査、予選、本選が同一曲、または異なる作品でも可)


※ 演奏作品は、数分(幼児・小学は1分程度~)から最大10分前後程度までを目安とする

※ 予本選を通して、途中で演奏を打ち切る場合があるが、審査には影響なく、演奏曲が当日の審査時間より長い短いは、審査に影響ない
※ 楽章・組曲・変奏曲などのカットを認め、予選・本選を通して繰返しはしないが(ダ・カーポはすること)、幼児・小学生の短い作品の繰返しは任意とする
※ チューニングの必要な楽器は前もって行い、伴奏者の前奏、間奏が長い作品はできるだけその部分をカットすること
※ 無伴奏の作品でも可。伴奏者は各自用意し、ピアノ協奏曲部門(予本選)はピアノ伴奏(各自用意)とする
※ ピアノ協奏曲部門の予備審査の音源は、ピアノ独奏作品でも可とする
※ 申込後の曲目・演奏時間の変更は各審査日の1週間前までにメールにて連絡のこと

 

表彰及び発表

  • 全部門よりグランプリ(賞金200,000円、賞状、楯、翌年度の演奏会出場権等 授与)
  • 各部門(各カテゴリー):第1位、第2位、第3位(賞状、第3位以上に入賞楯 授与)、特別賞(賞状)、優秀伴奏者賞(賞状)、入選 他
  • 音楽教育者賞(グランプリ・2名以上の本選入賞者に指導している先生に贈られ、アンサンブル部門は1組で1名とする 証書贈呈)
  • 予選演奏賞(幼児・小学・中学生の予選通過者に賞状)


※ 本選入賞者は表彰式(夜)にて発表され、9月下旬までにホームページに発表予定

 

審査委員

コンクールについて」のページを参照

 

申込方法及び参加料支払方法

申込/予備審査(下部記載の予備審査免除対象者に該当し申請する者は、申込時の予備審査を免除する)

 

必要事項を記入し予備審査参加料(免除者は予選参加料)振込書のコピーを貼付した所定の申込用紙

部門・参加カテゴリー・氏名・曲目を明記した予備審査音源 ※参照(予備審査免除者は不要)

82円切手を貼り郵便番号・住所氏名を記入した返信用封筒(のり付き長3定形封筒)

上記の①②③の3点(免除者は①③の2点)を同封のうえ、事務局に期日までに郵送必着のこと


※ 申込書貼付の振込書コピーは通常の振込金額・日付記載のATM利用明細書のコピーでよい

※ 音源はCD・MD・DVD・テープのいずれかとし、音質・録音状態は問わない
※ 直接事務局にお持込はお控え下さい

 

予選

予備審査を通過された方は郵送時明記された期日までに予選参加料を振込

※予備審査免除者は、申込時に予選参加料をお振込下さい

 

本選

予選を通過された方は本選当日、受付の際に参加料をお支払下さい。

 

☆予備審査免除対象者について

・第1回日本奏楽コンクール本選入賞者(※参照)

・第9回以降の東京ピアノコンクール入賞者(※参照)

※ 入選者は含まれず、同専攻・同楽器に限る
※ アンサンブル部門はグループ内の1人以上が入賞していること

 

参加料振込先
みずほ銀行 中井支店 普通 1152810 日本奏楽コンクール実行委員会

参加料
カテゴリー 予備審査 予選 本選
幼児・小学低学年 8,850円 10,800円 15,000円
小学高学年 11,800円 16,000円
中学 12,800円 17,000円
高校 13,800円 18,000円
大学 14,800円 19,000円
一般A・一般B 15,800円 20,000円
ピアノ協奏曲 18,800円 23,000円
アンサンブル(1組) 23,800円 28,000円
アマチュア 16,800円 20,000円

 

その他

  • ピアノ伴奏者の譜めくりが必要な場合は各自で用意すること
  • やむを得ず棄権する場合は、必ず速やかに所定の緊急連絡先に連絡すること
  • 申込み後のキャンセルおよび棄権の場合の払い戻しは行いません
  • 参加に関わる交通費、宿泊費等の費用は参加者の負担になります
  • 電話やメールでの審査結果のお問い合わせは一切応じられません